症例5

症例5:反対咬合を歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)で治療

治療期間 混合歯列期:18か月

下アゴが前に出ている

反対咬合
非抜歯
4歳 男性
歯列矯正用
咬合誘導装置

主訴

受け口

診断名

反対咬合

使用した装置名

歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)

治療前

矯正治療例

上アゴの成長が遅いため、反対咬合になっています。アゴと歯のバランスは良く、歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)による矯正が可能です。

治療中

矯正治療例
矯正治療例

歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)は小児の反対咬合を対象とした咬合誘導装置です。上アゴの成長を抑える上唇の圧力をなくし、アゴを正しく成長させます。
歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)を就寝時に装着するほか、歯科衛生士の指導のもとに、舌を正しいポジションに保持する訓練を行います。

治療後

矯正治療例

リスク・副作用

取り外し式の装置の使用に対し協力が得られない場合、良好な結果が得られない可能性があります

完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

費用の目安(税抜)

10万円