症例4

症例4:叢生を歯列矯正用咬合誘導装置(T4K)で治療

治療期間 10か月

歯がバラバラに生えている

叢生
非抜歯
7歳 女性
歯列矯正用
咬合誘導装置

主訴

叢生

診断名

叢生

使用した装置名

歯列矯正用咬合誘導装置(T4K)

治療前

矯正治療例
矯正治療例

あごに比べて歯が大きく歯が顎に収まっていません。あごと歯のバランスが大きくは崩れていないため、歯列矯正用咬合誘導装置(T4K)による矯正が可能です。

治療中

矯正治療例
矯正治療例

歯列矯正用咬合誘導装置(T4K)はあごの自然な成長を促し、舌や頬粘膜の位置を調整します。また口呼吸を鼻呼吸に変える効果もあります。

治療後

矯正治療例
矯正治療例

舌位が改善され上下の歯列が拡がり叢生が改善された

リスク・副作用

取り外し式の装置の使用に対し協力が得られない場合、良好な結果が得られない可能性があります

完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

費用の目安(税抜)

15万円