症例2

反対咬合を非抜歯で治療

治療期間 混合歯列期:18か月 成人:24か月

下アゴが前に出ている

反対咬合
非抜歯
6歳 女性

主訴

受け口

診断名

上顎劣成長による反対咬合 アングルⅢ級

使用した装置名

1期治療:上顎拡大装置、上顎前方牽引装置、フェイシャルマスク
2期治療:マルチブラケット装置

治療前

矯正治療例
矯正治療例

下アゴが前に出た反対咬合の状態です。咬み合わせの状態に影響されて、上の前歯がかなり奥向きに生えています。

治療中(1期治療)

矯正治療例
矯正治療例

狭いアゴを横に広げながら、上アゴを前方に引っ張り成長させます。乳歯の段階ではアゴを広げる治療を中心に行います。永久歯が生えそろうまでの間は、半年~1年ごとにレントゲンなどの検査を行います。

治療中(2期治療)

矯正治療例
矯正治療例

フェイシャルマスクという装置を夜だけ装着し、口の中からゴムで歯を前方に引っ張ります。

矯正治療例
矯正治療例

全体にブラケットを装着し咬み合わせを調整します。

治療後

矯正治療例
矯正治療例
矯正治療例

リスク・副作用

取り外し式の装置の使用に対し協力が得られない場合、良好な結果が得られない可能性があります

費用の目安(税抜)

1期治療 30万円、2期治療 55万円