症例7

反対咬合を非抜歯で治療

治療期間 30か月

下アゴが前に出ている

反対咬合
非抜歯
53歳 女性

主訴

受け口

診断名

前歯部反対咬合 アングルⅠ級

使用した装置名

マルチブラケット装置

治療前

矯正治療例

下アゴが前に出た反対咬合の状態です。このような状態で年齢が53歳でも、非抜歯での矯正が可能なケースがあります。

治療中

矯正治療例

ブラケットを使い、上の前歯を前方に牽引しながら、空いたスペースに他の歯を並べていきます。

治療後

矯正治療例

リスク・副作用

顎間ゴムの使用などで協力が得られない場合、良好な結果が得られない可能性があります

費用の目安(税抜)

85万円